【統計】Mplusで項目反応理論とラッシュモデル【初心者向け】

投稿日:2016年10月26日 更新日:

きょうごく
本記事では「Mplusでで項目反応理論(IRT)とラッシュモデルを実行するにはどうしたらよいの?」という疑問にお答えします

本記事のポイント

  • IRTとラッシュモデルのコードの違いは識別力に等値制約を与えるかどうかだけ
  • 識別力と困難度は自分で計算する必要があります

MplusでIRTとラッシュモデルを実行する基本コード

Mplusの項目反応理論は、構造方程式モデルのカテゴリカル因子分析で実行します。

で、通常のIRTの2パラメータロジスティック(2PL)は以下の記述で実行できます。

MODEL:
f BY a1-a30*;
f@1;

ラッシュモデルは、IRTの2PLの下位モデルである1PLと数学上同型で、かつ識別力は等価であるという制約を置くので、モデルは以下のように記述します。

MODEL:
f BY a1-a30*(1);
f@1;

で、IRTの識別力(α)と困難度(β)とMplusのパラメーターとの関係は以下の通りです。

α = factor loading
β = threshold/factor loading 

Mlpusのお勧め資料

その他、MplusによるIRTは以下を参照してください(他のソフトウェアの結果と合わせるにはモデルに工夫が必要です)。

Graded Response Models for Ordinal Responses in Mplus
IRT and SEM

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

2

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

3

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

4

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

5

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-研究
-,

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.