【体験談】作業療法士が精神科できついと感じる理由と対策

2019年9月15日

きょうごく
本記事では「精神科で働く作業療法士です。想像以上に仕事がきついです、、、。何でこんなにしんどいのだろう。どうしたらいいかなぁ」という疑問にお答えします

本記事の内容

  • 作業療法士が精神科できついと感じる理由
  • 作業療法士が精神科できついと感じるときの対策

本記事を書いているぼくは作業療法士&博士(作業療法学)です。

精神科作業療法の標準的な教科書も編集しています。

本記事ではそんなぼくが上記の疑問にさくっとお答えします。

なお、ぼくが精神科作業療法でキャリアをスタートさせた理由は以下の記事に書いています。

人気記事
【体験談】ぼくが作業療法士になって精神科を選んだ理由

きょうごく本記事ではよく聞かれる「京極先生は作業療法士になったときに、どうして精神科作業療法を選んだのですか」という質問にお答えします 本記事の内容 ぼくが作業療法士になって精神科を選んだ理由 精神科 ...

続きを見る

作業療法士が精神科できついと感じる理由

結論:ひずみが大きいから

結論を言うと、作業療法士が精神科できついと感じる理由は、ひずみが大きいからです。

精神科作業療法は、精神医療の独特な文化、診療報酬体系、生活療法の負の遺産、作業療法のアイデンティティクライシスなどの問題によって信念対立に陥る構造があると考えています。

具体例

具体的にお話しすると、ぼくの経験上、対象者の生活様式にあわせた作業療法を実行しようとすると、他職種から「そんなことはいいからレクレーションだけやっといて!」と否定されることなんてわりと普通にあるかと思います。

また、1人ひとりの対象者にとって最適な作業療法を実施していたら、「作業療法に効果なんて期待していないから、集団でプログラムをまわして金稼げ」と怒られることもありです。

至極真っ当に作業療法のメリットを引き出し引き伸ばそうとすると、なぜか軋轢が生じるので精神科で働く作業療法士は「仕事きつい、、、」と感じると思っています。

こんな感じで、作業療法士が精神科できついと感じる理由は、普通に作業療法を行おうとすると否定されることがあり、それがきっかけになって信念対立を体験することがあるからです。

まぁぼくの場合、そのおかげで哲学を武器に信念対立解明アプローチというコミュニケーション論を体系化するに至ったんですけどね。

人気記事
【まとめ】コミュニケーション能力とは何か?【本質と向上するコツをあわせて解説】

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします 本記事の内容 コミュニケー ...

続きを見る

よくある疑問:きつい、、、と感じない精神科の作業療法士もいるのでは?

はてな

「『きつい、、、』と感じない精神科の作業療法士もいるのでは?」と疑問に思う人もいます。

それはもちろんその通りでして、しっかり機能している病院・施設もたくさんあります。

一方、ぼくは信念対立というトラブルを研究しているので、精神科で働く作業療法士の苦悩を見聞するし、ぼく自身もそれでかなり消耗した経験ありです。

具体例

例えば、作業療法士として個人・集団へのアプローチを適切に実行できる場合などはうまくいっているケースかと思います。

また、対象者の退院支援に作業療法士として貢献できている現場もいい働き方だといえるでしょう。

円滑な多職種連携のもとで生活支援できる場合もしっかり機能している病院・施設だといえます。

こんな感じで、ちゃんとしているところもあるので、悪い話ばかりに着目する必要はないですけど、一方で苦労している方々もいらっしゃいますので、きちんとその対策を考える必要はあるかと思っております。

作業療法士が精神科できついと感じるときの対策

結論:信念対立解明アプローチを活用しましょう

作業療法士が精神科できついと感じるときは、ひとまず信念対立解明アプローチを活用してみましょう。

理由は、ぼく自身が精神科の現場で苦悩した経験がきっかけで、この理論を体系化することになったからです。

具体例

例えば、作業療法士の仕事として病院行事(夏祭りなど)を押しつけられてしんどい、、、ならば、目的と状況を整理して他部署を巻き込む方法を考えたらOK。

ぼくの経験上、「病院行事を押しつけられる→嫌々ながらすべて引き受ける」という状態になると、マジで疲弊します。

そうならないために、病院の組織内の人間関係(状況)を整理し、病院行事の目的を達成するために、周囲をうまく巻き込んでいく方略を立てたらいいです。

こんな感じで、信念対立解明アプローチを活用したら、しんどい状態を抜けるためにやった方が良さそうなことに気づけるので、いくぶん楽になるはずです。

人気記事
【2019年】信念対立解明アプローチ入門【開発者が語る】

きょうごく本記事では「信念対立解明アプローチってどのような理論ですか?」という疑問にわかりやすくお答えします。 本記事の内容 初心者向けに信念対立解明アプローチの概要を解説 信念対立解明アプローチのメ ...

続きを見る

よくある疑問:組織の体制が古すぎてどうにもならないときは?

はてな

「組織の体制が古すぎてどうにもならないときは?」と疑問に思う人もいます。

確かに、組織の体制が古すぎると、作業療法士個人でどうにかしようと思ってもどうにもならない、、、と感じると思います。

めちゃくちゃ難しい問題ですが、ぼくの立場からいうと、まずは信念対立解明アプローチを活用したらいいかもです。

具体例

例えば、組織の体制が古すぎる職場ならば、その職場で最も重視している目的を見定めましょう。

そして、その目的を達成するために、作業療法でどう貢献できるかを示し続けて、価値を認めてもらうようにしたらいいです。

組織の体制が古すぎても、その価値の実現に作業療法が役立つ、、、とわかればコントロールできる範囲も徐々に広がるものです。

こんな感じで、どうにもならない、、、と感じる局面でも、何かできることはあるので状況・目的・方法という切り口でできることからやってみましょう。

それでもどうしようもないときは、ご自身がストレスで健康を壊したらいけないので、他の職場に移ることも検討したらよいです。

人気記事
転職を一瞬でも考えたことがある人が読むべきおすすめ本3冊

きょうごく本記事では「最近、転職すべきか、現職に留まるべきか、で悩んでいます。転職するか迷う人におすすめ本があれば知りたいなぁ」という疑問にお答えします 本記事の内容 転職を一瞬でも考えたことがある人 ...

続きを見る

まとめ:作業療法士が精神科できついと感じる理由と対策

本記事では「精神科で働く作業療法士です。想像以上に仕事がきついです、、、。何でこんなにしんどいのだろう。どうしたらいいかなぁ」という疑問にお答えしました。

精神科作業療法はとてもやりがいのある仕事ですが、ひずみが大きいので「きつい、、、」と感じることも少なくないです。

その理由がわかれば、対策のしようもあるので、まずはきつい理由を理解し、具体的に対策を立てていきましょう。

どう頑張ってもきついときは作業療法士自身の健康問題が懸念されますから、いい職場は他にいっぱいあるので環境を変えることも検討したらOK。

検討には、質のよい情報を集めることが一番大切なので、下記の記事でその方法をまとめていますから参考にしてください。

病院・施設で働きたい作業療法士はこちらから

人気記事
作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

きょうごく本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転職サイト・転職エージェントを活用するコツなども知りたいなぁ」という疑問にお答えし ...

続きを見る

一般企業で働きたい作業療法士はこちらから

人気記事
【解説】作業療法士が一般企業に転職する方法【異業種、異業界】

きょうごく本記事では「作業療法士として働いてきましたが、一般企業で働きたい、、、という思いが強くなってきました。どうしたら作業療法士が一般企業で働けるのだろうか」という疑問にお答えします 本記事の内容 ...

続きを見る

作業療法士を辞めたい人はこちらから

人気記事
作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選【辞める前提で登録すべし】

きょうごく本記事では「作業療法士を辞めたいです。作業療法士以外の業種に就きたいです。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします 本記事の内容 作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選 ...

続きを見る

-信念対立解明アプローチ

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.