抄録を書くコツ

投稿日:2017年2月6日 更新日:

抄録を書くコツ

日本作業療法学会の演題に登録する人は、以下の点に気をつけると抄録の質を高めやすいでしょう。

抄録は字数制限が厳しいです。

限られた文字数で過不足なく書くには、文章量の適切な比率を把握しておくとよいです。

【5つの基本型】学会抄録や研究論文のタイトルのつけ方【査読対策】

本記事では「学会抄録や研究論文のタイトルは重要だと言われているけども、どんなタイトルをつければよいのだろうか?」という疑問にお答えします。 本記事のポイント タイトルの5つの基本型が理解できる しかも ...

続きを見る

目安としては以下のような感じ

  • 序論:目的:方法:結果:考察 = 2:1:4:3:2(or1)

序論

書き慣れない人は、序論が長くなりすぎる傾向があります。

序論の字数は、目的が1だとしたら2ぐらいでよいでしょう。

目的

目的は具体的に明瞭にはっきり書き、比率としては一番少ないぐらいでいいです。

目的がだらだら書いてあると、たいてい読解不能な抄録になります。

方法

方法はもっともぶ厚く記載してください。

結果

結果は方法の分量に準ずるぐらいでよいです。

考察

考察は書きすぎると論理の飛躍が目立つだけなので、端的にスパッと書いちゃいましょう。

登録前チェックポイント

実際に登録する前に、以下の点をチェックするとよいです。

  • 抄録は作業療法学の発展に貢献するか
  • 序論は研究の背景、価値、が示されているか
  • 目的は具体的で明瞭か
  • 方法は目的に適しており、具体的かつ明瞭か。倫理はOKか
  • 結果は目的にそって具体的かつ明瞭か
  • 考察は結果の新規性、価値が具体的かつ明瞭か
  • 首尾一貫した内容か
  • 曖昧模糊なところはないか
  • 過不足なく書けているか
  • そもそも発表する意味はあるのか

また書き慣れない人は、良質な抄録を参考にするとよいです。

医療系でオススメは以下です

抄録は無料で読めるのでぜひチェックしてみましょう。

学会発表で失敗しない7つのコツ【研究者が語る】

きょうごく本記事では「学会発表で失敗を避けるには、どうしたらいいですか?」という疑問にお答えします 本記事のポイント 学会発表で失敗するパターンは××、△△などです 学会発表で失敗しないコツは〇〇、□ ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-教育
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.