【厳選】OBPが学べるおすすめ本10冊【英語論文リスト付き】

2019年6月23日

きょうごく
本記事では「OBPを学びたいです。おすすめの本を教えてください」という疑問にお答えします

こんな方におすすめ

  • OBPを学びたい
  • おすすめ本が知りたい
  • 参考になるOBPの英語論文が知りたい

本記事を書いているぼくは、作業療法士になった18年ぐらい前から今日まで、OBPの実践・教育・研究に取り組んできました。

また、近年ではOBP2.0という新理論の体系化に取り組んでいます。

本記事ではそんなぼくが上記の疑問にさくっとお答えします。

OBPが学べるおすすめ本10冊

OBPが学べるおすすめ本は以下の通りです。

おすすめ

  1. 人間作業モデル
  2. 作業療法の視点
  3. 続・作業療法の視点
  4. 作業療法実践の理論
  5. 作業療法がわかる COPM・AMPS実践ガイド
  6. 作業って何だろう
  7. 作業療法士になろう!
  8. Occupation-Based Practice: Fostering Performance and Participation
  9. Occupational Therapy Intervention Resource Manual: A Guide for Occupation-Based Practice
  10. Willard and Spackman's Occupational Therapy

ぶっちゃけ、これらを読まずにOBPをやろうとするのは、安全装置なしでバンジージャンプするようなものです。

なので、OBPを学びたい人は、最低でも上記の10冊は読んでおくべしです。

なお、作業療法でOBPが必要な理由を知りたい人は以下の記事をどうぞ。

あわせて読む
【事実】作業療法するならOBPの理解が欠かせない理由

きょうごく本記事では「なぜ作業療法でOBPが必要なんですか?」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 「最近、OBPってよく聞くけど、なんで大切なのかよくわからない」という人 「OBP、OBPっ ...

続きを見る

人間作業モデル

キールホフナーの人間作業モデル 改訂第5版 理論と応用 [ Ren?e R. Taylor ]
created by Rinker
¥9,350 (2019/11/20 04:34:12時点 楽天市場調べ-詳細)

人によってはMOHOはOFPでOBPではないと言いますが、自身が推奨する理論の優位性を強調するためのポジショントークだと思います。

OBPやりたいなら必読書です。

ぼくはMOHOを学んでマインドブロックがいくつも破壊されました。

ポイント

  • OBPの評価と介入に必要なツールがフル装備
  • 作業を通して健康と幸福が促進されるメカニズムの解明
  • 豊富なエビデンス

あらゆる領域に適用できるので必ず読むべし。

あわせて読む
【買って損しない!】人間作業モデルを学べる本【3冊+1】

きょうごく本記事では「作業療法の世界的理論である人間作業モデルを学びたいです。おすすめの本を教えてください」という疑問にお答えします 本記事の内容 人間作業モデルを学ぶと実現する可能性の未来 人間作業 ...

続きを見る

作業療法の視点

『中古』作業療法の視点—作業ができるということ
created by Rinker
¥14,899 (2019/11/20 04:34:12時点 楽天市場調べ-詳細)

カナダモデルの本です。

MOHOと同様に、人によってはカナダモデルはOFPでOBPではないと言います。

けどこれもポジショントークだと考えておりまして、そもそもOBP>OFPという構図を作ってもそう主張することによって自らの優位性を示せる人を除いて、誰も得しません。

ポイント

  • 作業療法の世界的評価であるCOPMの理論的基盤
  • 作業の可能化という視点の提供
  • OBPに役立つ作業療法プロセスモデルの提示

OBPのチカラを感じる一冊です。

続・作業療法の視点

created by Rinker
¥4,860 (2019/11/20 16:52:11時点 Amazon調べ-詳細)

上記の本の発展版です。

OBPに求められる介入法が充実しています。

また、作業の視点が豊かに示されており、いろんな実践で使えます。

ポイント

  • 作業への結びつき(engagement)という視点の提供
  • OBPのための介入法が充実
  • 作業と健康と幸福の知識が豊富

これも必読です。

作業療法実践の理論

作業療法実践の理論原書第4版 [ ゲアリ・キールホフナー ]
created by Rinker
¥5,170 (2019/11/20 16:56:26時点 楽天市場調べ-詳細)

詳細な歴史分析を通して、OBPが必要な理由を示しています。

OBPのルーツも理解できます。

何のためのOBPなのかを理解したい人は必ず読むべし。

ポイント

  • OBPの歴史的必然性が学習可能
  • OBPに関連する理論が豊かに提示
  • 未来の作業療法への展望

専門家として奥行きある思考が身につく一冊です。

作業療法がわかる COPM・AMPS実践ガイド

作業療法がわかるCOPM・AMPS実践ガイド [ 吉川ひろみ ]
created by Rinker
¥4,180 (2019/11/20 20:57:32時点 楽天市場調べ-詳細)

上記4冊は翻訳本ですが、こちらは日本人の著者によるOBP本です。

COPMとAMPSという評価ツールを武器に、OBPを展開するコツが理解できます。

事例も豊富ですし、平易に書かれているので、上記4冊で挫折した人も大丈夫かと思います。

ポイント

  • とにかくわかりやすい
  • OBPの必須ツールであるCOPMとAMPSがメインコンテンツ
  • OBPのプロセスと介入法

ただ、MOHOの評価法と介入法はでてこないので、最初に紹介した人間作業モデル本で補うべし。

作業って何だろう

「作業」って何だろう第2版 作業科学入門 [ 吉川ひろみ ]
created by Rinker
¥3,080 (2019/11/20 04:49:37時点 楽天市場調べ-詳細)

OBPは作業を通して健康と幸福を高める方法です。

そのため、OBPでは作業の知識が不可欠です。

本書は作業科学の立場から作業の知識を詳解しています。

ポイント

  • OBPの必須知識である作業科学に入門
  • とにかくわかりやすい
  • 作業科学関連の文献リストが豊富

平易なので誰でも理解できると思います。

作業療法士になろう!

作業療法士になろう! [ 齋藤 さわ子 ]
created by Rinker
¥1,760 (2019/11/20 20:57:32時点 楽天市場調べ-詳細)

めちゃおすすめ。

一般向けに作業療法を紹介していますが、OBPの入門書としても最適です。

凄くわかりやすくOBPの本質を解いています。

ポイント

  • 高校生向けなのでめちゃくちゃわかりやすい
  • OBPの本質を平易に提示
  • 作業科学への入門

必読です。

Occupation-Based Practice: Fostering Performance and Participation

洋書です。

ちょっと難しいですけども必読です。

少し古いですけども、OBPのワークブックとして今でも使えます。

意味ある作業に着目しつつ、作業を通して評価し、介入するポイントを学べます。

ポイント

  • OBPのワークブック付き
  • 基礎から実践まで豊かに提示
  • 具体的に理解可能

OBPの理論と実践をつなぐために必ず読むべし。

Occupational Therapy Intervention Resource Manual: A Guide for Occupation-Based Practice

洋書ですが、上記の本よりも平易です。

古い本ですけども、こちらもOBPワークブックとして使えます。

職場分析もできるし、事例も豊富で平易です。

ポイント

  • めちゃわかりやすい
  • OBPのワークブック付き
  • 職場にOBPを導入する手順が理解可能

ぼくは作業療法士になった初期の頃にこれで勉強しました。

Willard and Spackman's Occupational Therapy

標準的な本ですけども、OBPを軸に広い視野で書かれた名著。

普通に通読していけば、OBPを軸にした作業療法を理解できます。

こういう本が標準的な教科書になっているんですから、英語圏でOTを学べる人はうらやましいです。

ポイント

  • めちゃくちゃ詳しい
  • OBPな知識はこれ一冊でOK
  • 世界中で読み継がれる名著

読まない手はない一冊です。

OBPの英語論文のリスト

OBPの研究論文は多数あります。

その中からOBPというキーワードで公表されている英語論文の一部をリスト化しました。

関心ある人はぜひ原典をお読みください。

OBPに関連する英語論文の例(2019/06/22)

他にも多数あるので、興味ある人はぜひ調べてみてください。

まとめ:OBPが学べるおすすめ本10冊

本記事では「OBPを学びたいです。おすすめの本を教えてください」という疑問にお答えしました。

OBPが学べるおすすめ本は以下の通りです。

おすすめ

  1. 人間作業モデル
  2. 作業療法の視点
  3. 続・作業療法の視点
  4. 作業療法実践の理論
  5. 作業療法がわかる COPM・AMPS実践ガイド
  6. 作業って何だろう
  7. 作業療法士になろう!
  8. Occupation-Based Practice: Fostering Performance and Participation
  9. Occupational Therapy Intervention Resource Manual: A Guide for Occupation-Based Practice
  10. Willard and Spackman's Occupational Therapy

病院・施設で働きたい作業療法士はこちらから

人気記事
作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

きょうごく本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転職サイト・転職エージェントを活用するコツなども知りたいなぁ」という疑問にお答えし ...

続きを見る

一般企業で働きたい作業療法士はこちらから

人気記事
【解説】作業療法士が一般企業に転職する方法【異業種、異業界】

きょうごく本記事では「作業療法士として働いてきましたが、一般企業で働きたい、、、という思いが強くなってきました。どうしたら作業療法士が一般企業で働けるのだろうか」という疑問にお答えします 本記事の内容 ...

続きを見る

作業療法士を辞めたい人はこちらから

人気記事
作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選【辞める前提で登録すべし】

きょうごく本記事では「作業療法士を辞めたいです。作業療法士以外の業種に就きたいです。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします 本記事の内容 作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選 ...

続きを見る

-作業療法
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.