精神科作業療法の効果は作業療法士かどうかで変わるのか

投稿日:

きょうごく
本記事では「精神科作業療法は作業療法士以外にも看護師、臨床心理士など他の職種も実践することがあります。職種の違いによって精神科作業療法の効果は変わるのですか」という疑問にお答えします

本記事の内容

  • 精神科作業療法の効果は作業療法士かどうかで変わるのか
  • 精神科作業療法の効果の差を引き出すポイント

本記事を書いているぼくは作業療法士でして、作業療法学の博士号も取得しております。

主な専門は精神医療における作業療法であり、標準的な教科書も編纂しています。

本記事ではそんなぼくが、上記の疑問にさくっとお答えします。

精神科作業療法の効果は作業療法士かどうかで変わるのか

結論:謎

結論は以下の通り。

実は、この問いに答えるべくシステマティックレビューが実施されました。

その結果、統合失調症者を対象に「作業療法士が実施した作業療法」と「作業療法士以外が実施した作業療法」を比較して、効果に違いがあるのかを調べたランダム比較試験が存在しないことがわかりました。

つまり、精神科作業療法の効果は作業療法士かどうかで変わるのかという問いに対する解答は「わからない」です。

「わからない」は差がないという意味ではなく、比較した研究がないから差があるとも、ないとも言えないという意味です。

問いの背景

そもそも、なぜこのような問いが成り立つのでしょうか。

精神科作業療法の目的は、精神障害をもつクライエントを対象に、意味のある作業への参加を通して作業機能(作業遂行、作業参加)を改善することです。

クライエントの個別化されたニーズにそって生活支援するのが、精神科作業療法の役割なわけです。

ところが、こうした実践は作業療法士以外でもやっています。

日本の場合、例えば医師、看護師、精神保健福祉士、臨床心理士などが、作業療法に極めて近い実践あるいは作業療法の実践を行うことがあります。

そのため、作業療法の訓練を積んだ専門家である作業療法士が提供する作業療法は、他の職種が提供する作業療法に比べてどう効果があるのか、という疑問が湧いてくるわけです。

その結果は上述した通りでして、今後、作業療法の専門家である作業療法士が提供する作業療法は、他の職種が提供する作業療法に比べてよりよい結果をもたらすのかどうかを調べる必要があります。

精神科作業療法の効果の差を引き出すポイント

関連する研究論文を踏まえると、作業療法士が実施する作業療法でよりよい結果を引き出すポイントが見えてきます。

精神科作業療法の効果に関するメタ分析

精神科作業療法の効果に関するメタ分析があります。

簡単に言うと、メタ分析は複数のランダム化比較試験をまとめて分析しなおすものでして、その質は元のランダム化比較試験の質によっても左右されますが、方法論としてはエビデンスレベルでいうと最上位にあります。

上記のメタ分析によると、精神科作業療法は作業遂行とwell-beingの改善に効果的だということが示されました。

面白いのは、このような効果を示す精神科作業療法は「作業療法に関連する理論を使っていた」という点です。

作業療法に関連する理論というのは、例えば、人間作業モデル、作業遂行と結びつきのカナダモデルなどです。

逆に言うと、明確な理論に基づかない精神科作業療法の効果は弱いあるいは乏しいということです。

well-elderly study

理論を活用した作業療法が、そうでない介入に比べて効果を示すというのは、作業科学を一躍有名にしたwell-elderly studyでも明らかにされていることです。

これは虚弱高齢者を対象にした研究ですが、作業科学の知識に根ざした作業療法群、社会活動群、無介入群を比較して、社会活動群と無介入群では差がないこと、作業科学の知識に根ざした作業療法群はこれらの群に比べてQOLを改善し、費用対効果も優れていることを明らかにしました。

結論:理論を活用せよ

well-elderly studyは虚弱高齢者を対象にした予防的作業療法の研究です。

なので、飛躍した考察は慎むべしですけど、上記のメタ分析の結果も同様の傾向を表しています。

こうした研究から言えそうなことは、精神科作業療法で作業療法士がよりよい結果を出すには、漫然と作業を提供しているだけではどうにもならず、作業療法に関連する理論を適切に活用すべしです。

作業療法士は作業療法の専門家です。

なので、今後、作業療法の専門家である作業療法士が提供する作業療法は、他の職種が提供する作業療法に比べてよりよい結果をもたらすと示していく必要があります。

そのためには、現時点でわかっていることとして「理論の活用」がどうも不可欠そうだ、ということはいえるでしょう。

まとめ:精神科作業療法の効果は作業療法士かどうかで変わるのか

本記事では「精神科作業療法は作業療法士以外にも看護師、臨床心理士など他の職種も実践することがあります。職種の違いによって精神科作業療法の効果は変わるのですか」という疑問にお答えしました。

結論は謎です。

というのも、こうした疑問をもちやすい背景があるものの、両者を比較したランダム化比較試験が存在しないためです。

関連する研究論文を見ると、作業療法に関連する理論の活用でどうにかなりそうな気配があるので、作業療法士は作業療法に関連する理論をきっちり活用していくべしです。

あわせて読む
現状追認はダメ!精神科作業療法におけるOBPのコツ

きょうごく本記事では「精神科作業療法でOBPってどうやるんですか」という疑問にお答えします 本記事の内容 精神科作業療法におけるOBPの実践のコツ OBPは精神科作業療法でオーソドックスな実践である ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-作業療法
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.