【受験】作業療法士の給与は高い?安い?【結論:人によります】

更新日:

きょうごく
本記事では「作業療法士を目指しています。作業療法士の給与の実際について知りたいです」という疑問にお答えします

こんな方におすすめ

  • 作業療法士になりたい
  • 作業療法士になった後のことが知りたい
  • 作業療法士の給与の実際が知りたい
  • 作業療法士として成功する条件が知りたい

この記事を書いているぼくは作業療法士を育てる大学で働いておりまして、毎年、多くの学生の就職活動を支援しています。

そんなぼくが、作業療法士の給与についてさくっと紹介します。

※この記事は2分ほどで読み終わりますので、ぜひぜひ最後までおつきあいくださいm(_ _)m。

なお、他にも受験関連の記事をいくつも書き下ろしておりますので、関心がある人はぜひそちらもご覧ください。

>>【受験】高校生のための作業療法士になるための完全マップ【まとめ】

作業療法士になると実現する可能性の未来

作業療法士はさまざまな目的を達成するためにいろいろな方法を活用します。

おすすめ
【受験】作業療法士になるための実習は良い意味で辛いです【事実】

きょうごく本記事では「作業療法士になりたいです。けど、実習がとても辛いと聞きました。実際のところはどうなんですか?」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 作業療法士になりたい 作業療法士になっ ...

続きを見る

皆さんが作業療法士になって病院で働きはじめたら、病気や障害の初期段階から心身機能の治療を行ったり、日常生活活動をできるようにするための基本動作の獲得を促したりします。

また皆さんが将来的に作業療法士になって、退院、復職、就学などの支援を行うときは、その人らしい生活を再建できるように働くことになります。

数年後に作業療法士になることができれば、治療から生活支援まで幅広く取り組むことになるため、1人ひとりの患者さんにどう向きあっていくのかを考えられるようになりましょう。

作業療法士と理学療法士で迷っている人は以下の記事を読むと、作業療法士になると実現するであろう未来を具体的にイメージしやすくなるでしょう。

おすすめ
【進路選択】作業療法士と理学療法士のどちらを選べばよいか?【入試・受験】

本記事では、「作業療法士と理学療法士は、どっちがよいのかなぁ?これから進路を決めなきゃいけないけど、進路選択で迷っています。どちらがお勧めかを教えてください」という疑問に、なるべくわかりやすく答えます ...

続きを見る

それと、さらに作業療法士の仕事について具体的にイメージしたい人は以下の書籍がめちゃおすすめです。

作業療法士を目指している高校生は必ず読みましょう。

作業療法士の給料の一般的情報

作業療法士の給料の一般的な情報は、いくつか調べてみましたが、以下のサイトが詳しいようです。

>>意外と知らない!?作業療法士の年収・給与を徹底調査します!

作業療法士の平均年収は他に比べて低めです。

その要因は作業療法士の平均年齢が他に比べて低いことにあります。

つまり、作業療法士は若い人ばかりなので、平均年収が低めに推定されがちなのです。

という話は他のサイトでもあるので、ここでは他であまりないであろう話題を書いておきます。

結論:作業療法士の給料は人それぞれ

結論から言うと、個人的な皮膚感覚としては、作業療法士の世界はフツーに「格差社会」です。

格差に気づいていない作業療法士も多いかもですが、ぼくが見ている限りにおいては立派な格差社会です。

ぼくの個人的感覚でテキトーにいうと、恐らく99.999%の人は上記のサイトで提示されているような給与かもしれません。

しかし、うまく勝ち抜けた0.001%の人はなかなかええ感じで稼いでいます(数字はマジで適当なので、それ以上かもしれないし、それ以下かもしれない)。

強調しておきますが、勝ち抜ける人はごくごく一部の選ばれし者なので、基本的には無理ゲーですよ。

さて、作業療法士の主な副収入源は講演、原稿執筆、企業からの業務委託、非常勤などです。

例えば、ぼくの講演料は基本的に依頼先が提示した額で決めているのでぶっちゃけ相場並ですが、人によっては1時間あたり5万以上とか10万以上もらわないと受けないという人もいます。

また、企業が積極的に参入する病院・施設で働いている人は、運がよければ業務委託というかたちでけっこうな額をもらうことがあります。

こうして、本当にごくごく一部の作業療法士は本業に加えて、副業でビックリするぐらい稼いでいます。

なので、これから作業療法士を目指す人は、世間一般と同様に、この領域も格差社会であると理解しておくとよいです。

作業療法士として成功する条件

では、どんな作業療法士が成功しているのでしょうか?(そもそも何をもって成功というのかわかりませんが)

作業療法士を対象にした成功法則の研究は皆無なので、基本的には不明です。

ただ、個人的な皮膚感覚でいうと、運、人間関係、環境、過剰な努力、ほんの少しの才能が良いタイミングでピタッとかみあった人が、うまく成功しているかなぁ。

運と才能は自分の努力ではどーにもなりません。

他方、自分の能力を引き出し引き伸ばしてくれる環境は、自己理解を深めると判断力に問題がない限りにおいて選べる可能性があります。

努力は興味とスキルが一致すれば持続的に過度に行える可能性があります。

また、人間関係は相手があることなので半分ぐらい自分ではどーにもできませんが、ギブ&ギブを心がけていき、異なる意見を持つ人とうまく調整できるなら、よくなるかもしれません。

こうした条件を知ったからといって、皆さんが成功するかどうかはまったくわかりませんけどね。

なお、対象を広げればそうした研究はいくつかあります。

以下の書籍は先行研究から成功法則をわかりやすくまとめていますので、関心がある中高生の皆さんはぜひ読んでみるとよいでしょう。

まとめ

本記事では「作業療法士を目指しています。作業療法士の給与の実際について知りたいです」という疑問にお答えしました。

平均でみれば、作業療法士の年収は他に比べて低いです。

でも、作業療法士は格差社会です。

なので、ごく一部の人はしっかり稼いでいます。

これから作業療法士を目指す人は、社会から必要とされる作業療法士を目指して、しっかり稼ぎつつ患者さんに貢献できるようになりましょう。

>>【受験】高校生のための作業療法士になるための完全マップ【まとめ】

-受験

Copyright© 京極真の研究室 , 2018 All Rights Reserved.