嫌な予感はわりと当たらないと気づきはじめると勇気がわくかもしれない

きょうごく
本記事では「先々の人生には嫌な予感しかないです。だって、悪い話しかないんですもん。どうしたらいいの?」という疑問にお答えします

本記事の内容

  • 嫌な予感はわりと当たらないと気づきはじめると勇気がわくかもしれない
  • 嫌な予感を無闇にふくらませないコツ
  • 嫌な予感が当たらないようにするコツ

本記事を書いているぼくは、嫌な予感をもたらしかねない問題である「信念対立」を研究してきました。

また、嫌な予感にとり憑かれても生き抜く哲学的方法論として信念対立解明アプローチを体系化しました。

人気記事
【2020年】信念対立解明アプローチ入門【開発者が語る】

きょうごく本記事では「信念対立解明アプローチってどのような理論ですか?」という疑問にわかりやすくお答えします。 本記事の ...

続きを見る

本記事ではそんなぼくが上記の疑問にさくっとお答えします。

※本記事は平均3分ほどで読めますので、最後までお付き合いくださいm(_ _)m

嫌な予感はわりと当たらないと気づきはじめると勇気がわくかもしれない

結論:嫌な予感は想像以上に起こらない

結論をいうと、嫌な予感はわりと当たらない、、、ことが多いです。

ぼくらはリスク回避のために、無意識のうちに良い予感よりも、嫌な予感を大きく見積もるからです。

具体例

例えば、嫌な出来事って実際に起こってほしくないから、回避するためにあれこれ良からぬ予想をふくらましがちです。

すると、実際には起こる確率が低いものまで妄想しちゃって、さもそれがいますぐ起こるかのように感じちゃうことがあります。

それが積み重なっていくと、実際に起こりうる嫌な出来事よりも嫌な予感が大きくなるので、想像以上に起こらない、、、という事態になるんです。

図式化すると以下の通りでして、悪い予感は大きく見積もられるので、実際には想像しているほどには起こらないわけです。

そう理解すると、どうです?

ちょっぴり勇気がわきませんか?

よくある疑問:嫌な予感は当たらないんですか?

そう言うと「嫌な予感は当たらないんですか?」と思う方がいらっしゃいます。

結論をいうと「嫌な予感は当たる」ことがあります。

理由は、嫌な予感は大きく見積もられるので、その中に実際の嫌な出来事が含まれていることがあるからです。

図解すると以下の通りです。

嫌な予感は大きくふくらみがちなので外れる部分もあります。

けど、その一部に実際の嫌な出来事が含まれていることがあります。

そこは、嫌な予感が当たる箇所です。

したがって、嫌な予感は想像以上に起こらないけども、当たることもあると理解しておきましょう。

よくある疑問:良い予感よりも、嫌な予感を大きく見積もるのはなぜ?

「良い予感よりも、嫌な予感を大きく見積もるのはなぜ?」と思う人もいます。

結論をいうと、ぼくらは得するよりも損したくない、、、からです。

これは行動経済学の「プロスペクト理論」で説明されている事象でして、ぼくらは損失回避を最優先にする傾向があるのです。

具体例

例えば、得する選択肢と損しない選択肢があるとします。

すると、ぼくらは損しない選択肢を選ぶ傾向にあります。

悪い予感は損をもたらしますので、それを回避したいがためにあれこれ考えているうちに、良い予感よりも嫌な予感が大きく見積もられる事態に陥るわけです。

こんな感じで、ぼくらは得するよりも損したくないと思っちゃうので、良い予感よりも嫌な予感を大きく見積もられちゃうんですね。

行動経済学は以下の本がわかりやすくておすすめです。

嫌な予感を無闇にふくらませないコツ

嫌な予感を無闇にふくらませない主なコツは以下の通り。

主なコツ

  • 手順①:嫌な予感をメモする
  • 手順②:嫌な予感の当たり外れを検証する

基本、2つの手順を実行したら、「あまり当たらないから、あれこれ妄想しても仕方ないかも、、、」と思えるでしょう。

手順①:嫌な予感をメモする

嫌な予感が頭によぎったら、さくっとメモすべしです。

記録に残すことによって、その真偽を検証できるからです。

具体例

例えば、このままだと手ひどい失敗する、、、と予感したら、さくっとメモってください。

また、このプロジェクトは絶対にうまくいかない、、、と予感してもさくっとメモです。

その他、頭によぎるいろんな嫌な予感をさくさく言語化していきましょう。

こんな感じで、嫌な予感を記録に残していくのです。

メモ帳をもっていない人は以下が安くて使いやすいのでおすすめです。

手順②:嫌な予感の当たり外れを検証する

嫌な予感をメモしたら、しばらくした後でそれが実際に起こったかどうかを確認してください。

それによって、「あまり当たらないから、あれこれ妄想しても仕方ないかも、、、」と思える機会をつかむことができるからです。

具体的には、メモした内容の左側に「○」「×」をつけたらOK。

具体例

  • × このままだと手ひどい失敗する
  • × このプロジェクトは絶対にうまくいかない
  • ○ 部長に怒られる

こんな感じで検証しておけば、「嫌な予感ってわりと当たらないもんなんだぁ」と思えると思います。

嫌な予感が当たらないようにするコツ

結論:事前に対策するべし

とはいえ、嫌な予感は当たることもあります。

嫌な予感を無闇にふくらませないようにしても、当たるときは当たるんです。

致命的な嫌な予感が当たると、それで人生詰むこともあります。

人生ってまじハードゲームですね、、、。

そうした事態を回避するには、事前に対策するしかないです。

事前の対策で嫌な予感が的中した場合になるべく損失回避できる余地を作っておくんです。

胸騒ぎは膨らませすぎず、けど「確認→対策」はする

矛盾しているように聞こえるかもですが、嫌な予感という胸騒ぎが起こったら、その原因があるかどうかをまずは確認した方がいいです。

特に具体的な原因がなければ、嫌な予感を大きく見積もりすぎかもなので、スルーでOKです。

他方、何かしらの原因が思いあたるようなら、今すぐ対策すべきか、しばし放置でよいのか、を検討してください。

対策してもしなくても、結果が変わらないと予想されるならば、しばし放置でよいかもしれません。

実際、ぼくも放置しているものがありますもん。

けど、今すぐ対策したら結果が変わりそうなら、嫌な予感の原因を解消・解決するために即行動あるのみです。

ただし、やぶ蛇になることもあるので、即行動した結果よけいに嫌な予感が起こる確率が上昇することもあります。

こればっかりは、やってみなくちゃわからないですね。

まとめ:嫌な予感はわりと当たらないと気づきはじめると勇気がわくかもしれない

というわけで本記事は以上です。

嫌な予感は当たることもあるんですが、想像している以上には当たらないもんです。

悪い話ばかりで嫌な予感が膨らむときは、損失回避したいがために嫌な予感を必要以上に膨らませている可能性に思いはせてくださいね。

とはいえ、当たるときは当たるんですけどね。

1

2019/11/6

【特徴比較】おすすめ転職サイト・転職エージェント【総合型から特化型まで紹介】

きょうごく本記事では「転職したい、、、。けど、転職サイトと転職エージェントの違いがよくわからないなぁ。わかりやすく解説してほしいなぁ」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 転職サイト&転職エージェントの違いを知りたい 転職サイト&転職エージェントの活用の仕方もあわせて教えてほしい 「キャリアアップのために転職したい、、、」「ブラック企業から抜けだしたい、、、」と思ったら、転職サイト&転職エージェントを上手に活用する必要があります。 ぼく自身は3回の転職経験があり、就活・転職に関する実践は以下のよう ...

ReadMore

2

2019/9/12

【無料】一般総合おすすめ転職サイト・エージェント6選【ランキング】

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ATTENTION 本記事はあなたに、好条件の会社に移るために役立つお得な情報を提供します。この機会を逃さないようご注意ください。 本記事の内容 おすすめ求人転職サイト・エージェントの選び方 全業種におすすめ求人転職サイト・エージェント おすすめ転職サイト・エージェントでよくある疑問4選 本記事を書いている ...

ReadMore

3

2019/11/3

【職種別】医療福祉おすすめ転職サイト&転職エージェント23選【比較】

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 職種別のおすすめ転職サイト&転職エージェントを教えてほしい 今すぐではないけども、転職したいと考えている ブラックな臨床現場から抜けだしたい キャリアアップのために転職したい 本記事では、転職をお考えの医療職、福祉職の方向けに、効率よく転職するために役立つ転職サイト ...

ReadMore

4

2019/11/3

作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

きょうごく本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転職サイト・転職エージェントを活用するコツなども知りたいなぁ」という疑問にお答えします こんな方におすすめ いずれ転職したいけど、今すぐではない 近いうちに転職したい 転職でキャリアアップしたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であり、博士(作業療法学)を所有しています、 これまで3回の転職経験があり、10年前から作業療法士系の大学&大学院で教員してまして、就活・転職については以下のよう ...

ReadMore

5

2019/10/1

【解説】作業療法士が一般企業に転職する方法【異業種、異業界】

きょうごく本記事では「作業療法士として働いてきましたが、一般企業で働きたい、、、という思いが強くなってきました。どうしたら作業療法士が一般企業で働けるのだろうか」という疑問にお答えします 本記事の内容 作業療法士が転職で異業種、異業界の一般企業に就職する方法 一般企業に転職したい作業療法士がやるべき事前準備 作業療法士が転職で一般企業に移動するためのキモ 一般企業に転職したい作業療法士におすすめ本 本記事を書いているぼくは、作業療法士&博士(作業療法学)です。 これまで教員として以下のような仕事にも関わっ ...

ReadMore

6

2019/9/12

作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選【辞める前提で登録すべし】

きょうごく本記事では「作業療法士を辞めたいです。作業療法士以外の業種に就きたいです。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします 本記事の内容 作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選 作業療法士を辞めたい人が他の業種に転職する前に考えておくべきこと 作業療法士を辞めたい人は行動しつつ考えるべし 本記事を書いているぼくは職場トラブルを研究しておりまして、「作業療法士以外の仕事に就きたい、、、。でもどうしたらいいのだろう、、、」という相談をたまにお聞きすることがあります。 「作業療法士以外の仕 ...

ReadMore

7

2019/7/28

ブラック企業で退職が困難なら弁護士の退職代行サービスを活用すべき

きょうごく本記事では「グラック企業に勤めています。もう耐えられないので辞めたいです。けど、これまで退職を申し出た人は、様々な嫌がらせを受けます。私も嫌がらせされると思うと退職したくてもできないです。どうしたらよいですか」という質問にお答えします こんな方におすすめ ブラック企業から退職したいけど前途多難で難しい 退職代行サービスを活用したいので、おすすめ情報を知りたい 弁護士によるお得な退職代行サービスを教えてほしい 本記事を書いているぼくは主に医療現場をフィールドに様々なトラブル事例を研究しています。 ...

ReadMore

8

2019/7/16

【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味があります。オンラインカウンセリングの会社は複数あるので、それぞれどんな特徴があるのか知りたいです」という疑問にお答えします 本記事の内容 オンラインカウンセリングの特徴比較 おすすめのオンラインカウンセリング【メリットとデメリット】 実質無料でオンラインカウンセリングを活用する方法 オンラインカウンセリングを学べるおすすめ本 本記事を書いているぼくは、精神科リハビリテーションを専門にし ...

ReadMore

-信念対立解明アプローチ

Copyright© 京極真の研究室 , 2020 All Rights Reserved.