CAOD(作業機能障害の種類と評価)

ニュースレター登録フォーム

【無料】ブログの最新記事のお知らせの他に、京極が専門とする作業療法×信念対立解明アプローチ×研究方法論などに関する最新情報をお伝えします。

CAOD(作業機能障害の種類と評価)

OBP2.0リーズニング学習支援ツール

今すぐ無料ダウンロードする

※最先端の作業療法理論を使えるようになろう!

無料ダウンロードできます。

関心のある人は、ご自由にお使いください。

尺  度   名:作業機能障害の種類と評価(classification and Assessment of Occupational Dysfunction、CAOD)
Download:CAODは特設サイトから入手してください。
開発責任者:寺岡睦
目   的:

CAODの目的は以下の通りです。

  1. 作業を基盤にした評価と介入を促進する。
  2. 予防的作業療法で健常者の健康増進のために作業機能障害の状態を自記式で測定する。
  3. 障害がある人々の作業機能障害の状態を測定する。ただし、CAODはあくまでも健常者を対象にした予防的作業療法のための設計であることに注意が必要である。
結果の解釈:CAODは得点が高いほど作業機能障害の状態であると解釈します。健常者のカットオフ値は52点以上で高作業機能障害群であると判断します。障害者を対象にしたカットオフ値は不明です。CAODの得点が高いと、作業機能障害であると同時に心身機能にも問題が生じやすくなります。

-作業療法