オンライン教育プラットフォーム|Thriver Project
作業療法
PR

CAOD(作業機能障害の種類と評価)

Makoto KYOUGOKU
記事内にプロモーションを含む場合があります

本記事では、CAOD(作業機能障害の種類と評価)について紹介します。

CAOD(作業機能障害の種類と評価)

尺  度   名:作業機能障害の種類と評価(classification and Assessment of Occupational Dysfunction、CAOD)

開発責任者:寺岡睦

目   的:

CAODの目的は以下の通りです。

  • 作業を基盤にした評価と介入を促進する。
  • 予防的作業療法で健常者の健康増進のために作業機能障害の状態を自記式で測定する。
  • 障害がある人々の作業機能障害の状態を測定する。ただし、CAODはあくまでも健常者を対象にした予防的作業療法のための設計であることに注意が必要である。

結果の解釈:CAODは得点が高いほど作業機能障害の状態であると解釈します。健常者のカットオフ値は52点以上で高作業機能障害群であると判断します。障害者を対象にしたカットオフ値は不明です。CAODの得点が高いと、作業機能障害であると同時に心身機能にも問題が生じやすくなります。

主 な 文 献:Teraoka M, Kyougoku M (2015) Development of the Final Version of the Classification and Assessment of Occupational Dysfunction Scale. PLoS ONE 10(8): e0134695. doi:10.1371/journal.pone.0134695

無料ダウンロード:CAOD(作業機能障害の種類と評価)

関心のある方は無料でダウンロードできるので、ご自由にお使いください。

Download:CAODは特設サイトから入手してください。

その他の評価尺度

他の評価尺度については以下の記事にまとめています。参考にどうぞ!

あわせて読みたい
研究開発した評価尺度集【無料ダウンロード可】
研究開発した評価尺度集【無料ダウンロード可】

また、作業機能障害の種類について知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

著者紹介
京極 真
1976年大阪府生まれ。Ph.D、OT。Thriver Project代表。吉備国際大学ならびに同大学大学院・教授(役職:保健科学研究科長、(通信制)保健科学研究科長、人間科学部長、他)。首都大学東京大学院人間健康科学研究科博士後期課程・終了。『医療関係者のための信念対立解明アプローチ』『OCP・OFP・OBPで学ぶ作業療法実践の教科書』『作業で創るエビデンス』など著書・論文多数。
記事URLをコピーしました