掲載不可をもらってショックを受けている初学者へ

掲載不可をもらってショックを受けている初学者へ

たまに、掲載不可をもらうと、ショックを受けて研究から遠ざかる人がいます

特に、はじめて研究論文を投稿した人が、そうなりがちです。

「もったいないなぁ」と思うこともありますが、何を選択するかは個人の自由ですから、求められない限りぼくから助言することはありません。

【5つの基本型】学会抄録や研究論文のタイトルのつけ方【査読対策】

本記事では「学会抄録や研究論文のタイトルは重要だと言われているけども、どんなタイトルをつければよいのだろうか?」という疑 ...

続きを見る

掲載不可は避けられない

ただ、ぼくの経験からいうと、掲載不可は研究論文を投稿し続ける限り避けられませんから、ショックを受けても立ち直るタフさが必要です。

ぼくのリジェクト率も、そこそこ高いです。

数値化していませんが、立て続けに掲載不可を頂くことはよくあります。

研究論文掲載への道は、イバラの道です

ぼくも査読コメントに、「信念対立の研究を引用しているが、そんな問題は存在しない」「国語から勉強し直せ」「関西ローカル」等と書かれると、ひどく傷つきショックを受けます(デフォルメしていますが、すべて実話www)。

厳しくても真っ当な査読コメントには感謝しかないですけど、何だかよくわからない理由で厳しく批判されると、ちょっとつらいです。

でも、ふんづけられても、ひっぱたかれても、嫌われても、へこたれることはありません。

自分の人生は自分で生きるしかないんだから、しぶとく楽しく生きるしかないじゃないですか。

雑草のように生きよう

そういう苦労が背景にあるので、研究論文が掲載されるとしばらくwell-beingが高まるのです。

はじめて研究論文を投稿して、掲載不可に打ちのめされた人は、諦めずに頑張ってね。

ぼくも頑張ってますから、笑。

人気記事
【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味 ...

続きを見る

-研究教育

© 2020 京極真の研究室